大阪王将 道頓堀本店

大阪王将 道頓堀本店

ミナミの街に輝くド派手な餃子が目印

焼き餃子をメインに、幅広く中華のラインナップを提供する「大阪王将」。かつては、餃子の王将とのれん問題(名称を巡る訴訟)があったり、餃子の王将と混合されることも多かったが、今は完全に別の会社の店として認知されている。
大阪王将の本店は、道頓堀にある「道頓堀本店」だ。

DSC06537
かに道楽などの目立つ飲食店が建ち並ぶ道頓堀の中で、巨大な餃子オブジェがあしらわれた大阪王将の本店もまたひときわ目立つ作りとなっている。

DSC06538
ここは道頓堀本店であるが、2012年のオープンしたばかりの新店舗だ。つまり、旗艦店としての本店である。
1号店は1969年、京橋駅近くにオープンした。今も大阪王将の京橋店は存在するが、場所が違い、特に1号店として扱われているわけではない。

DSC06539
道頓堀に本店を構えるチェーン店は多い。1号店でなくても、旗艦店として道頓堀に本店を出す。華のある場所だからだ。
かに道楽、ぼてじゅう、道とん堀(旗艦店)、神座などだ。

DSC06540
ビリケン様も鎮座しておられる。

入り口すぐの所には厨房が

DSC06541
間口は狭いが、奥行きのある店内。1階はカウンター中心となっている。

DSC06555
DSC06554
1階のカウンター席では目の前が厨房で、迫力の調理を見ることが出来る。

DSC06548
DSC06549
こちらは2階の様子。

階段を上がるごとに大阪王将の歴史が分かる

建物は4階建てで、2階は少人数向け、3階はグループ向け、4階は宴会場という作りになっている。

面白いのは階段で、

DSC06542
DSC06544
DSC06546
DSC06547
昇る毎に、大阪王将の歴史が分かるようになっているのだ。

踊り場にも
DSC06545
DSC06551
このようなディスプレイがされている。

DSC06543
謎の餃子マンもお迎えしてくれるほどだ。

2002年から始まった新・大阪王将ブランド

歴史のある大阪王将だが、2002年に新宿店をオープンさせてからが、ブランド再構築の転機だったという。
そんな「新・大阪王将」コンセプトのど真ん中がこの道頓堀本店であり、まさに大阪王将の目指す理想の姿を体現している。

DSC06553
道頓堀本店の焼き餃子。フカフカとしていて柔らかく、細身なので食べやすいのが特徴だ。

ここから大阪王将の新しい時代が始まる。

大阪王将 道頓堀本店の地図


大きな地図で見る