若鯱家 ルーツ店 本店 鯱乃家

若鯱家 ルーツ店 本店 鯱乃家

濃厚なカレーうどんが食べたくなったら

名古屋発のカレーうどん専門店「若鯱家」
徐々に全国に店舗を増やしつつある。濃厚なカレーうどんが好きな人なら一度は行ったことがあるだろう。
そんな若鯱家、実はルーツとなっている店があった。それが、「本店 鯱乃家」

DSC06625

レトロな店舗で、いかにも老舗の風情がある。今、チェーン展開する若鯱家とはかなりイメージが違う。
ここは1976年創業の店で、創業時は「若鯱家」と言った。名古屋のカレーうどん文化を創造した店だ。

鯱乃家、その歴史

DSC06627
DSC06628

ここは若鯱家として営業していたが、1987年、ここで働いていた方が栄に店舗を出した際、若鯱家と名乗り、その名前を商標登録した。
その若鯱家・栄店が、株式会社若鯱家となってチェーン展開する若鯱家の1号店だ。

しかし、商標登録を先にされてしまい、法的に若鯱家と名乗れなくなったのだろうか?
この店舗は、「鯱乃家」と名前を変えることになる。

どんな気持ちで名前を変えることになったのか。その当時、両者に何があったのか。今では知る由もない。

ただ、名古屋流のカレーうどんの歴史のルーツは、この場所であることは確かだ。

DSC06626
不思議なのは、2階の窓の横には、今でも若鯱家の看板が残されている。

DSC06624
カウンター数席の狭い店内だ。

DSC06629
やはりここはカレーうどんを注文したい。

DSC06630
鯱乃家ブランドの冷凍商品や、雑誌の切り抜きが飾ってある。元祖、とある。

DSC06631
DSC06632
カウンター越しに厨房があり、カレーうどんが作られる過程が楽しめる。

ドロドロで濃厚、そして極太麺が楽しめるカレーうどん

DSC06633
そしてこれがカレーうどん。
極太麺と、ドロドロのカレーのコンビネーションが、男らしく力強い。最後の一滴までカレールーを飲み干した。
名古屋カレーうどんの元祖は想像よりずっとソリッドな食べ物だった。

ルーツ店が別の名前の店という例は、喜多方ラーメン坂内・小法師のルーツ店である坂内食堂などがある。ここは、会社であるチェーン店、個人商店であるルーツ店共に、お互いの情報を掲載したチラシを配布したりしているが、鯱乃家と若鯱家にはそういった関係は無く、完全に別々の道を歩んでいるようで、「鯱乃家は若鯱家のルーツ店」という公式情報はどこにも無い。直接関係があるか無いかと言われると、微妙なところだが、名古屋のカレーうどんの元祖ということ、店名の経緯などを客観的に見て、ここをルーツ店として紹介したい。

本店 鯱乃家の地図


大きな地図で見る