【閉店】ロッテリア 1号店 日本橋高島屋店 

【閉店】ロッテリア 1号店 日本橋高島屋店 

ロッテリアの歴史は、常にマクドナルドとの競合の歴史だ。
ロッテリアが誕生したのは1972年。折しも、マクドナルドが日本に上陸した1971年の次の年である。そして、銀座三越の一等地に1号店をオープンしたマクドナルドに対し、日本橋高島屋に1号店をオープンしたロッテリア。その歴史は差別化の歴史である。80年代末にマクドナルドが「サンキューセット」を売り出すとロッテリアはすかさず「サンパチトリオ」とあからさまな対抗心をむき出しにした戦略をとったことを覚えている人もいるだろう。70年代末の「えびバーガー」デビューより、ロッテリアは積極的にマクドナルドに対して差別化を行っている。メニューによりポジショニングを確立しようというわけである。この戦いは未だ続いている。しかしハンバーガーの味だけはポジショニング確立が難しいらしく、様々な商品が企画され、消えていった。
しかし自分はロッテリアはファーストフード店ではフェイバリットだ。特にポテトがナイス。エッジの立った食感とでも言うか、食べた感じが強くするのである。そして若干迷走気味のバーガーの味も、自分好みなものが多い。もちろん今の絶品バーガーも拍手を送りたい味だ。

ロッテリア

ロッテリアの本店は、東京日本橋の高島屋本館の隣の、「北別館」の1Fにある。とはいえ、高島屋とは店舗的なつながりは無く、独立したスペースとなっている。

ロッテリア

ちなみに高島屋「北別館」は何のためにあるのか謎…

ロッテリア

店内の様子。特に1号店を感じさせるものは無く、初めて来てここが1号店だと気づく事は無い。人通りの多い路地にあるわけではないので、オフィスユースがメインなのであろうか。

ロッテリア

絶品チーズバーガーのセットをオーダー、¥650。ポテトは美味いし(前述)、絶品チーズバーガーは肉厚でブラックペッパー味で俺好み、そしてドリンクにはロッテシェイクだ。素晴らしいぞ!

創業理念


大きな地図で見る

本ブログ「本店の旅」が書籍化されました。全ページ書き起こし、最新情報化、そして全店舗とも広報確認済!
全国48店舗の飲食チェーン店の1号店/本店を巡りに巡った日本初のコンセプト「全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~」 全国書店、Amazonなどで発売中です!
是非お買い求め下さい。